2016年07月26日

本当の思いが隠されて


相手を見る目が晴れていれば、幸せになれると思う。
しかし、相手を見る目に曇りがあれば、幸せになれない事もあるだろう。
大切な人を失った時、大切な人と共に歩いて婚宴場地いたものとはなんだ。
それは、人生の中での感謝の思いと言葉、間違えれば謝罪の思いと言葉なのだと思えないだろうか。
これは、人生の中で決して忘れてはならない事だと思う。

もしもだが、
過去に、世話になり助け合ってくれた人達への感謝と謝罪の思いと言葉を踏みにじった時、人生を大きく変える残酷な試練が待ち受けている風濕治療かもしれない。
見つけた相手が誰であろうと、幸せにはなれないかもしれない。
大切な人を失っても、誰もが忘れてはならない事がある。

残された遺言と遺品とは、いったい何だろう。
文章だけか言葉だけか金の事だけか思い出だけか。
これから先へ歩む為に始まる人生へのあり方を導いてくれる鐘なのではないか。
その鐘を鳴らして生きるのは自分自身なのだ。

遺言と遺品の中には、亡くなっBBA 實習

た人の本当の思いが隠されているのではなかろうか。
遺言と遺品の中には、これからの人生に大切な何かが隠されていると。
遺言と遺品を粗末にせずに、これからの人生への祈りや願いを込めて歩ければ。
悪しき不幸な過去のトラウマを抱えて生きるより、幸せだったという思いで歩ければ。

感謝と謝罪の思いと言葉は、次の人生には希望の幸せが訪れると思う。
人生には決して忘れてはならない事があるはず。
感謝と謝罪を忘れてしまえば、人生への不幸が必ず訪れる。
過去からの感謝と謝罪は、決して忘れてはならない。
生死とは関係なく、感謝と謝罪は永久に未来へ繋がれ残される。  


Posted by Qian Qian at 14:13Comments(0)