2016年07月19日

時計の針が回るよう


真理と美咲、双子の姉妹の教会での行動は、ま跟團去泰國ったく正反対の行動であった。
叔父は二人を引き離す事を反対をしたのだが、神父の言葉に従う事になった。
真理と美咲の極端に違う行動によって、今後の姉妹の成長と生活を見守る事になったのである。
見守ると思っていても、見守り方は、人それぞれ違う。
神父の見守り方は、美咲に対して接触は持たず、美咲が求めてくるのを待つ事だった。
叔父夫婦の真理への見守り方は、常に接する事、そして真理の為に環境を作り出す事であった。

3才になる姉妹は、この日を境に別々の人生を送る事になったのだ。
二人が唯一姉妹として会えるのは、年心跳錶1回の誕生日の日だけである。
神父は、子供の成長は早く、3カ月事に発達と成長の違いを見定める必要があった。
これは、神父の考えではない。
神父は、ある能力を持っていたのである。
その能力によって、ある者からの言葉によって、神父は動かされていた。
イエスの声や精霊の言霊とは違い、神父の心に響く、神父の中で眠っていた神の囁きの言霊である。

2人の誕生日は6月29日である。
もうじき3才の真理と美咲は、2人でいる時は何故か物静かで、笑みは浮かべるが大人しいものであった。
2人でいると物静か、2人を引き離すと、極<桑黄

端に人生の中に有る生活感が変わる。
生活環境だけが、この姉妹を変化させるのではなかった。
神父の心に囁く声は、神父の心に常に姉妹の生き方への導き方を指示するかのようだ。
神父には真理と美咲の心の音が、時計の針が回るように、真理は早く回る秒針の鼓動の音、美咲は時間を刻む静かな音。
そして神父の心の中にある言霊によって、ある光景が浮かび上がる。
真理は水平線の見える海、美咲は森の中にある湖、そして海と湖は見えない地下深くで繋がっている。
真理は自由に海原を飛び回り、美咲は静かな森の中で何かを待っているかのようだった。

その心に描かれた光景は神父の心に抱く思いの引き出しの中に封印して、神父の覚悟として言葉に出す事はなかった。
幾つもの引き出し、いつでも開ける事が出来るよう、真理と美咲の為に神父は自分自身の寿命という覚悟をしていた。
姉妹の未来の人生を覚悟を持って、後に真理と美咲の人生を導く事になる。  


Posted by Qian Qian at 16:22Comments(0)