2016年09月29日

大会を狙ってごみ箱

ニューヨーク市マンハッタン中心部の繁華街の大通りで17日夜(日本時間18日午前)、大きな爆発があり、ニューヨーク市警によると、29人が負傷した。

 
AFP通信は、うち1人が重傷と伝えた。道路上のごみ収集用容器が爆発したと伝える情報もあり、何者かが故意に爆発装置を仕掛けた可能性もある。

 
17日深夜、記者会見したニューヨークのデブラシオ市長は「テロと関連付ける証拠は見つかっていない」と述べた。しかし、爆発は「間違いなく故意によるものだ」と批判。事故ではないと断言した。

 
米警察によると、爆発現場近くでは「2発目の爆発物の可能性もある」不審物も見つかった。爆弾かどうか調べている。米東部では17日午前、ニュージャージー州でもマラソン大会を狙ってごみ箱に仕掛けられた爆弾が爆発する事件が起きており、米連邦捜査局(FBI)も捜査に乗り出した。

 
爆発物がいくつあるか分からないまま、マンハッタンの現場にはパトカーや救急車など多数の緊急車両が出動。見物人も集まり、現場は騒然となった。

 
爆発の様子についてロイター通信は「鼓膜がおかしくなるほど大きな音だった」と証言する女性の声を伝えた。爆発が起きた時、近くを車で通り掛かったが、後部座席の窓が割れるほど衝撃は大きかったという。近所に住む女性も「壁の絵が落ちて、風にあおられてカーテンが揺れていた。煙の臭いがして、様子を見に階下へ降りたら、消防隊から離れているよう指示された」と爆発直後の様子を振り返った。

米政策研究機関「外交問題評議会」は16日、北朝鮮政策の見直しに関する次期政権への提言を発表した。  


Posted by Qian Qian at 10:11Comments(0)